現在使用している携帯電話の2年縛りの契約が済んだら次はどこにするか迷っています

今使っている携帯電話の2年縛りの契約が終わったら、次をどうするか考えています。
この間、ワイモバイルという存在を知りインターネットにて調べているのですが、下取りキャンペーンというものをしていることを知ったのです。
いくらで下取りしてくれるのか?金額がすごく気になります。
お金次第では、下取りに出すこともいいと思っています。
早くなければいけない光回線が安定しない一つの理由として、光回線は近くの住宅やマンションの内部などで回線を分かち合っているため、使用量が多い人の居る場所では遅くなる場合もあります。
通信量が多くなる週末や夜などの時間帯に特に遅くなり、定まらない場合はこの可能性があります。
ここのところ、光回線業者が高齢者の住む家を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力の劣りつつある高齢者を口先でうまく言いくるめて契約をさせるなど、光回線に関連した契約トラブルが多くなってきています。
この事態を受けて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を明確にしました。
契約後のフレッツをクーリングオフするには、契約書面を受け取った日から9日目になる前までは書面を用いて無条件で申し込みを取り消すことができます。
フレッツは強引な勧誘が問題になっていて、クーリングオフを検討している人々も多くいらっしゃいます。
クーリングオフができないときは、解約のためにお金を支払ってでも解約したいと考える方もいます。
PCやタブレットなどの端末をネットに接続するためのWi-Fiルーター替わりにスマートフォンを使用することをテザリングといいます。
昨年スタートしたワイモバイルでは、、ソフトバンクと同じようにただでテザリングオプションを使えます。
ただし、使用する時にはデータ通信の月間契約量を超えないよう、気をつけることが必要です。
プロバイダにつながらない場合に確かめることがあります。
パソコンや機器の設定をよく見ても、どこにも問題が見当たらない時には、接続Idやパスワードに問題が無いか、もう一度、しっかりと調べてみてください。
数字のゼロとアルファベットのオーを勘違いするといったようにうっかり間違えやすい文字があるからです。
それでもつながらなかったら、プロバイダに問い合わせをしてください。
フレッツwi-fiが接続できない時には、いったんすべての機器の電源を消してはじめから接続し直してみるといいと思います。
それでも接続ができない場合には、初期設定を洗いざらい見直してみます。
カスタマーサービスに質問すれば分かりやすく説明してくれますが、電話がかかりずらいのがネックです。
フレッツの速度が遅い原因を考察して、はじめに思い浮かぶのは、一時的にネットワークが混んでいたり、つなぎたいサイトへのアクセスが集中しまくっていたりといったことでしょう。
その理由で、少しの間だけ遅いだけなら、しばらく時間をあければよくなる場合もあります。