年収200万円の住宅ローン審査は申込み方法は現実にできるのか?調べてみた

長年住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。

その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。

繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をする事により、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、元の借入額を減らす事が出来ます。

元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。

繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。

住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。

その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。

団体信用生命保険の内容は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。

これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。

団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。

こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅を購入する事ができます。

住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。

ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。

家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。

ですので、金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。

住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。

35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。

審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。

ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。

という事も重要なポイントです。

これから、マイホームを購入する予定のある方、返済総額はいくらで、期間はどの程度になるのか知りたい方はシミュレーションで試算してみると良いでしょう。

まとまったお金が入った時の返済を利用するのか、返済を始める月はいつからにするのかまで設定でき、大まかに住宅ローンの返済額を計算できるので大変役立ちます。

誰でも簡単にできるシステムなので使いやすく、気になる商品があれば試してみると良いですね。

ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。

直接相談できるところも沢山あるので、多いに活用して下さい。

都合により住宅ローンがまだ残っている段階で失業した時は、残りのお金をどう返済していけば良いのでしょうか。

何があるか分らないので、把握しておきましょう。

まずは、焦らずに自分が今置かれている状況を把握しましょう。

クビになった原因が会社側か自分にあるのか、理由によっては、退職した後の支給金に大きな差が出るからです。

会社側の都合であれば、1年間は失業手当が出ますのでもう一度職場探しをしながら残りを返済に充てると良いでしょう。

ただローンは一度でも延滞してしまうと、破綻せざるを得ないのでまず何を第一にすべきかを考え行動しましょう。

住宅ローンと一言で言っても何種類もの商品があり、今注目されている商品がどのような物なのか分らず、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

どうしても決められないという方はアドバイザーの意見を聞いて、ローンを組むという方法もありますが、有料のところが多いです。

ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、お金をかけてまで相談したくないという方が殆どです。

今ではFPの資格を持っている仲介者が多く、専門の方に無料で相談する事も出来るのです。

まずは自分でもいくつか下調べをしてみると良いですね。

引用元:http://www.theroseandcrown.net/answer/190manyen.html

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。

ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利と変動金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。

多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。

また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。

と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。

どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。

マイホームを持つ。

というのはあこがれるものですよね。

ですが、住宅購入はちょっとやそっとでは出来ず、数千万単位の現金が必要です。

ですから、現金ですぐに支払いをする。

という事は、かなり難しいです。

それでは、住宅ローンを組むにはどうすればいいのか?どこから借金をするのか?色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行・信用金庫で借り入れする事です。

どこの銀行から借り入れようか?選択しても良いのですが不動産屋と提携している銀行もありますので、不動産屋の選択に任せても良いでしょう。

住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。

ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。

世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。

という点はフラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様厳しい審査が待っています。

ですが、フラット35の審査は少し違う点もあり一般的なローン同様、重要視されます。

それに加え、住宅の価値を審査される。

という点が加わります。

ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、色々な面から審査されるそうです。

自分の家を購入するとき資金繰りとして利用するのが住宅ローンです。

銀行や信用金庫もしくはネットバンクでも良いです。

けれども、審査がどんな場合でもあります。

大切な点はその人の職業、年収、勤続年数が重要視されます。

また、一見関係なさそうな過去の金銭トラブル等も審査基準の判断になりますので仮に思い当たることがあるのならきちんと綺麗に片づけた上で申し込みをした方が後々自分のためになります。